『アップルを創った怪物』

『アップルを創った怪物―もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝』を読みました。面白かったです。

本屋に行けば、スティーブ・ジョブスに関連する本はたくさんありますが、これはアップルのもうひとりの創業者であるスティーブ・ウォズニアックの自伝です。ウォズ二アックの昔語りとして書かれており、子供のような彼の人柄がよくわかり、楽しく読めました。

彼はアップルの創業メンバのひとりですが、この本を読むと決して自分で起業するタイプではなかったのがよくわかります。アップルの成功はもちろん彼の天才的なエンジニアリングもあったでしょうが、商才豊かなジョブスと組み合わさってこそ成し遂げられたんでしょうね。

私も社会人になってすぐに、大学の同期から会社を作るんだけど一緒にやらないかと誘われたことがあります。結局お断りしてサラリーマン続けているわけですが(ちなみにその会社は大きく成長して、東証一部上場してます、すごい!)、この本を読むと話に乗ってもよかったかもと思えてきます。こういうチャンスがあれば是非よく考えましょう。

あとAmazonにはちょっと辛口コメントもありますが、この本に技術的な話や天才の着想とかを求めない方がいいです。こういう生き方もあるんだと、彼のお話を楽しみましょう。ものづくりが好きで、エンジニアリングに誇りをもっている人なら、何かしら得るところがあると思いますよ。