『ソフトウェアアーキテクトが知るべき97のこと』

 『ソフトウェアアーキテクトが知るべき97のこと』を読みました。

なかなかよかったです。いろんな人がいろんな角度からアーキテクトやアーキテクチャについてアドバイスを述べています。どれも短いエッセイで体系的な解説ではありませんが、読んでいくと何が大事だと考えているのか、大きなイメージがつかめてくるはずです。

以前カーネギーメロン大学のアーキテクチャ設計講座なるものを受けたことがあるのですが、総じてポイントとしては同じようなことを言ってました。ビジネス重要、トレードオフ、優先度、バランス、シンプルさ、動かしてみる、定量化、代替案、理由を明記、などなど。再確認できてよかったです。

最後に日本人によるエッセイもいくつか追加されているのですが、本編と比べると何だかお役所的なお固い感じがするものが多かったのが残念。『Joel on Software』などの技術エッセイをはじめ、海外の一流エンジニアはユーモアや実体験あふれる文章を本当にうまく書きますね。