『情熱プログラマー ソフトウェア開発者の幸せな生き方』

『情熱プログラマー ソフトウェア開発者の幸せな生き方』を読みました。

この本は『My Job Went To India オフショア時代のソフトウェア開発者サバイバルガイド』の改題改訂第2版。
前作はタイトルと表紙にインパクトがありましたが、今回は雰囲気ががらりと変わり、こちらも洗練されたいいタイトルと表紙ですね。

サラリーマンエンジニアとしては、いろいろ考えさせられる良書でした。
なかなか情熱的な本なんで圧倒されますが、少しずつ日々の生活に取り入れていきたいものです。
分量も多くないので、時々パラパラと読み返して、我が身を振り返るのにもいいですね。