『20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義』

『20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義』を読みました。

これはおもしろかった。最近読んだ本のうち、一番のおすすめです。

いろいろな実例を交えながら、起業家精神やイノベーションについての考え方を教えてくれます。

アメリカの大学はやっぱり違うなあ。優秀な学生がこういう授業を受けていれば、どんどんベンチャーも出てくるだろうな。というか、優秀な人ほど大企業なんかに勤めようとは思わないんだろうなあ。

近頃はあちこち閉塞感でいっぱいな感じなんですが、本書でも述べられているように、チャンスはいくらでもあり、世界は可能性に満ちていると考えて、リスクをとって失敗を恐れずに、新しい一歩を踏み出さねば。

「20歳のときに知っておきたかった」けど、今からでもきっと遅くないはず。